フランス旅〜その2

レムリアの愛に目覚めるブログ
内なる光と真実の愛に繋ぐ〜レムリアンプリ―ステスTMのマナイア英子です。

2日目はルーヴル美術館を資格をもったガイドさんにこれだけはおさえて!
というところを解説付きで広いルーヴル美術館の中を効率よく案内してもらえる
ツアーを予約。
半日でルーヴル美術館とノートルダム寺院をまわります。
移動も市バスです。

やっぱり、解説付きだと同じ見ても、全くおもしろさが違います。

まずは、市バスに乗ってノートルダム寺院へ〜
ここは、観光バスを停車してはいけないルールがあるらしく、
市内観光の時は車窓だけになるそう。

パリの町↓雰囲気ありますね〜
どこを撮っても絵になります。

IMG_6397.JPG

IMG_6398.JPG

IMG_6402.JPG

IMG_6423.JPG

IMG_6413.JPG

セーヌ川とルーヴル美術館

IMG_6578.JPG

ノートルダム寺院

IMG_6615.JPG

ノートルダム寺院横から〜

IMG_6604.JPG

美しいバラ窓〜
どうしても縦にならない・・・
見にくいですが、美しいかったので載せます・・。

聖堂内では、ちょうど復活祭のミサが行われていました。
ステンドグラスも絵本のように物語になっているので、
その物語の解説や、色々と宗教的なお話しをしてただけます。
最後の晩餐のはなしとか〜
キリストが奇跡を起こす話とか〜
カトリックの学校に行っている娘は、全部知ってるとかいっていました。

IMG_6587.JPG

これは、ノートルダム寺院の前のあるゼロ地点。
パリの始まりの地とか〜この位置から何キロと測られるらしいです。

ノートルダム寺院の最後の審判の門の彫刻も〜
なんだか横向きにしかならないので載せません・・・。


IMG_6624.JPG

IMG_6621.JPG

恋人たちが鍵をつけて大変なことになっている橋
重みに耐えられなくなって困ってると・・
ガイドさんが、映画でも必ず撮影に使われていたパリで最も
美しい橋だったのに、今では、最も汚い橋になってて本当に悲しい。
でもきっと、これも後には、こんなこともあったとこの風景も今だけかも!
ある意味記念になるかもと・・。
ルーヴルに向かってこの橋渡って対岸に渡りました。

ルーヴル美術館↓

IMG_6636.JPG

IMG_6640.JPG

IMG_6646.JPG

IMG_6654.JPG

入るのにも大行列ですが、ツアーだと予約してくれているのですぐ入れます。

IMG_6658.JPG

IMG_6659.JPG

IMG_6676.JPG

フラッシュさえたかなかったら写真はOK.
教会の中もミサ中でも静かにしていたら写真はOK
こういうところは、フランスはとってもおおらかでしょとガイドさんが
言っていました。
本当に〜

モナリザの前は、さすがにすんごい人だかり。
ミロのヴィーナス、サモトラケのミケ、なども解説付きでとっても良かったです。

広すぎなのでピンポイントで案内してもらいましたが、すでに4Kmは歩いてますよ〜と。

IMG_6682.JPG

FullSizeRender.jpg

こんなとこもあります。

レンブラントも見に行きましたが、なんと!そこのエリアは閉まっていました・・。
結構歩いたのに〜。

ルーヴル美術館内で解散〜
フードコートのようなところもあったので、ランチはここで〜

次があるかわからないけど、またパリに来るチャンスがあったら、
今度は、ゆっくり回りたい・・!し、オルセーなど他の美術館にも行ってみたい!
ツアー参加者が、落ち穂拾い見たいとリクエストしていましたが、
現代に近いから印象派の絵はオルセーです。
ルーヴルは時代の古いものが展示してあると言っていた。
知らなかった・・。

続く〜


愛と光と共に〜





Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Information

バナー
マナイアはヒーリングを通して
あなたのHappyを
お手伝いいたします。

Selected entries

Categories

Archives

Profile

書いた記事数:1105 最後に更新した日:2015/07/08

Links

Search this site.

others

Mobile

qrcode