フランス旅〜その1モンサンミッシェル

レムリアの愛に目覚めるブログ
内なる光と真実の愛に繋ぐ〜レムリアンプリ―ステスTMのマナイア英子です。

フランスから帰ってきてまだ2週間ちょいしかたっていないのに、
もう大昔の出来事のようです。
今頃〜!?ですが、旅の様子を写真中心で紹介しますね。


FullSizeRender.jpg

エールフランスに乗って出発〜


FullSizeRender.jpg

機内食。
さすが!フランスパンが籠みたいなのに沢山入ってて別に配りに来てくれます。
おかわりも聞きにきてくれます。

ハワイ行きと違って、フランス人?かわからないけど、日本人以外の割合がかなり多い。
周りを見回すと、最初の飲み物からワイン。
そして、お食事の時もワイン。ほ〜。
私は、気分が悪くなっては困るのでワインは飲まず。

FullSizeRender.jpg

配られるメニューもこんな感じにオシャレ〜
何色かありました。

さて、到着した日は、ホテル近くのスーパーで、お惣菜やスパン、スウィーツを買って
明日のモンサンミッシェルに備えてさっさと寝ました。
スーパーのフランスパンでも美味しかった!

FullSizeRender.jpg

こんな感じのスーパー

FullSizeRender.jpg

ホテルのお部屋。
写真ではきれいに見えるけど、すんごく狭かったです。
小さなホテルでしたが、ホテルの方が本当に!!親切だった。
お爺さんがいらしたんだけど、とにかく親切で感激しました。
目の前にカルフールもあって、オペラ座にも徒歩でいけて
何かと便利でしたよ。

さて、2日目は、モンサンミッシェルへ〜

IMG_6096.JPG

まだ薄暗い町〜
テクテクあるいて集合場所へ〜
朝は雨!
でもモンサンミッシェルについたら快晴でした。

途中のおトイレ休憩で寄った町は、カルバドズ酒を製造する町とポンデメック↓

IMG_6123.JPG

カルバドス酒をつくるところ〜

IMG_6125.JPG

レストランも樽の中の席

IMG_6124.JPG

レストランの売店〜
シードルの試飲もさせてくれました。
シードルのジャムも売っていました。
モンサンミッシェルにいったらないとガイドさんにいわれたので、
重くなるな〜と思ったけど買ってみました(^.^)

IMG_6139.JPG

ポンデメックの町の中

IMG_6138.JPG

犬が〜!かわいい!

IMG_6140.JPG

八百屋さん〜いちいちかわいい

IMG_6142.JPG

チーズやお肉のパテなどのお惣菜を売るお店〜
ガイドさんがリンゴの香りをいれてるカマンベールチーズがおいしくて
ここでしか売ってないですよ〜と
ガイドさんが、私も買ってかえろ!とか言ってたので、間違いなくおいしいんだ!と
チーズも買ってみました。
真空パックしてと頼んでねといわれたけど、フランス語はまったく・・
ガイドさんが言ってくれました。

IMG_6396.JPG

これがそのチーズ
ほんとうに、美味しかったです!!
そして、リンゴのジュースもシードルもすんごく!美味しかったです!

田舎町や田舎の風景はとっても素敵でしたよ。

IMG_6157.JPG

IMG_6159.JPG

IMG_6167.JPG

IMG_6174.JPG

モンサンミッシェルがどんどん近づいてきます。
ついに来たんだ〜と感動してました。
遠くから見るモンサンミッシェルも本当に素敵です。

IMG_6182.JPG

もうすぐそこ!
ここからは、無料の連絡バスに乗っていきます。

IMG_6195.JPG


IMG_6204.JPG

いよいよ到着!
お天気はよいんだけど、とんでもない強風です。
歩いても前に進んでる気がしないほど・・

IMG_6223.JPG

この道をずんずん上に登っていきます。
グランド・リュという修道院への参道みたいな感じでかわいいお土産さんが沢山!

IMG_6227.JPG


IMG_6229.JPG


IMG_6237.JPG

修道院に到着
塔の一番上は、ミカエル!

IMG_6238.JPG

反対側はこの景色!
引き潮でした。

IMG_6245.JPG

修道院の聖堂
ここにも大天使ミカエルの銅像がありました
ちょうど左の柱のあたりです。

IMG_6253.JPG

大天使ミカエル

ミカエルの前の聖堂内の椅子に座って〜
一斉遠隔ヒーリング送りました。
知らぬまに長い時間経っていたみたい・・。
娘も横に座って、待っていてくれました。
「あと少しとかいってからすでに30分経ってるよ」とかいわれました。
ヒーリングしているとあっという間に時間が過ぎます。

IMG_6254.JPG


IMG_6265.JPG

列柱廊
僧の憩いと瞑想の場だったところだそう。
ほんとうに美しい〜
1つ1つの彫刻も美しかったですよ。

IMG_6271.JPG


IMG_6277.JPG

私じゃなくって娘

IMG_6316.JPG

IMG_6321.JPG

IMG_6349.JPG


IMG_6351.JPG


IMG_6352.JPG

色々な様式で建てられています。
ゴシック様式やロマネスク様式や〜

IMG_6367.JPG


IMG_6358.JPG

お天気がよくて修道院の上からは素晴らしい眺めです

IMG_6368.JPG

向こうに見える島に〜
干潮時歩いて行って帰ってくるハードなツアーもあるそう。
危険なので、特別なガイドさんが案内してくれるらしい・・。
日本人は、時間がないから誰も参加していないそうです。

昔は、モンサンミッシェルに命がけで、巡礼者が歩いて渡ってきていたんですね。
潮が満ちだしたら、地形的に考えられないほどのスピードで海水が押し寄せてくる
のだそうです。

干潮だったから残念だな〜と思ってたけど、かつて、こんな潮の引いた海を
歩いて渡っていただろう景色が見れてよかったのかも・・。
ず〜と見ていたい風景でした。

さて、一斉遠隔ヒーリングもしたし、かなりゆっくりまわったので〜
時間が足らなくなってしまいました。

グランドリュのお土産さんを速足で巡りながら〜
塩キャラメルソフトも食べて〜
一斉遠隔ヒーリングの皆さんへのお土産もあれこれ探して〜
下ってきました。
急いでいた割には、塩キャラメル、石鹸、皆さんへのノルマンディーの塩
娘もお友達へのキーホルダーのお土産とか、サクサク購入!
行く先々で買うし、お塩を沢山購入したので大荷物になってしまいました(^_^;)

さて〜ランチは、有名なラ・メールプラールでフアフアオムレツ食べたかったのですが〜
バスの中でガイドさんが、
「混むので予約しておかないと時間ないですよ。
それにオムレツだけで25ユーロもして高いです。
対岸のホテルのレストランだったらフアフアオムレツ、メイン、デザートの3皿で
16ユーロでご案内出来るので、必要な人、今から予約します」と。

フランスは物価が高いので、3皿で16ユーロも安い!
フアフアオムレツ(本当は、オムレツ・トラディショナル・サレというらしい)
も食べれるし、時間も節約!
といわけで迷わず予約してもらいました。
至れり尽くせり。

IMG_6185.JPG

対岸にあるホテルのレストラン

IMG_6187.JPG

食べたかったフアフアオムレツ!
ほんとにふわっふわっ

IMG_6194.JPG

デザートは名物のリンゴのタルト

写真だけのつもりが長くなってきたので〜
フランス旅のレポート続く〜


愛と光と共に〜




関連する記事


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Information

バナー
マナイアはヒーリングを通して
あなたのHappyを
お手伝いいたします。

Selected entries

Categories

Archives

Profile

書いた記事数:1105 最後に更新した日:2015/07/08

Links

Search this site.

others

Mobile

qrcode